デイトナが提案する新しい建築のカタチ



デイトナハウス×LDKとは何か?


人気のライフスタイル雑誌「Daytona」と18年間クルマ共生住宅を開発し続けてきた LDKinc. が、ブランドネームを共有して、全く新しい建築の形を提案する新型ライフスタイル提案。

それが、デイトナハウス by LDK です。

単一の鉄骨パネルをボルトでつなぎ合わせて構成する建築工法/LGS システムによって、新しいモジュール、素材感、コスト感覚、ディスプレーのセンスなどを表現していきます。


LGSシステムとは何か?



LGS と呼ばれる軽量鉄骨のパネルで、厚さ 3.2mm、幅 12.5cm、厚み 5cm『C チャンネルと呼ばれる部材を、横幅 180cm、縦 270cmの長方形に溶接して製作しています。対角線のクロスしたパーツは、ブレースと呼ばれる筋違いで、力の伝達を受け持つ大切な役割を持っています。“柱”と“梁”と呼ばれる縦と横の部材を使って軸組を作っていく一般的な建築とは違って、デイトナハウスはこの LGS パネルを連結することで住宅、ガレージ、別荘、店舗、マンショ ンなどの様々な建築を可能とする、全く新しいカタチのシステムなのです。つまりこの LGS パネルを使った建物全てがデイトナハウスと言う訳です。パネルの枚数を数えるだけで、建築の広さ、およその予算がイメージできる分かりやすさと、パウダーコーティングが施されたその鉄の素 材感が醸し出すハードボイルドな空間のテイストも持ち味です。